施設警備業務

Facility Security

ビルと人の安全を守ります

施設警備業務は、ビル内の安全を守る業務です。ビルに警備員が常駐し、日常的に防犯・防災業務に従事しています。近年では他のビル設備と同様、防犯・防災設備も自動化・システム化しており、巡回などの業務のほか、防災センターにおける防災監視装置の監視・制御・それに基づく異常事態への緊急対応が重要性を増しています。
 当社では、セキュリティ・プランナーや検定資格者などが在籍し、専門的・管理的な知識・技術を持つ職員を警備員室(防災センター)に配置することで、不審者対応・災害対応など様々な異常事態への適切な対応が行える体制を構築しております。

施設警備業務

警備業務
防火防災業務
駐車場管理業務
消防設備

警備員人材育成

法定教育制度

警備員に対し、警備業務を適正に実施させるため、教育を行うとともに必要な指導及び監督を行わなければなりません。
 日々、変化する社会情勢に的確に対応し、適正に警備業務を実施するために、新たに警備業務に従事させようとする警備員に対する新任教育のほか、現に警備業務に従事させている警備員に対する現任教育も義務付けられています。
 弊社では、警備業法で定められた法定教育の確実な実施はもちろんのこと、警備員指導教育責任者等による現場巡察指導、面接指導、OJTやOFF-JTによる研修の実施など、幅広い手法を用いて質の高い警備員の育成に取り組んでいます。 


新任教育

新たに警備業務に従事する警備員は、新任教育を受けてから警備業務に就きます。警備員として最低限習得すべき基本教育(基礎的法令や知識、心構え、技能等)を学び、さらに業務別教育を受けた後、それぞれの現場において実地に教育を受けます。 

現任教育

現任の警備員は、年間の教育期ごとに現任教育を受けます。現任の基本教育及び業務別教育は、各業務、現場の実態に即した教育を実施し、警備員の知識及び能力の維持向上を図っています。